概要
MGS形式のデータを聴きたい
MGS形式のデータを作りたい
ダウンロード
その他関連事項

MSXで楽しむチップチューン。MGSDRVをご紹介します。

【2019.11.3更新】いわゆる「モダンブラウザ」で利用できるようになりました

PC・スマホのWebブラウザ上から、MGSDRVのMMLをエディット・コンパイル・データダウンロード・シェアできるようになりました。今すぐ msxplay.com へ!

https://t.co/8Dw5t60X7Z https://t.co/eaY7EIk6sT のMGSDRVオンラインMMLエディタ(コンパイラ・MP3出力・シェア機能付き)の快適っぷりに、感動などという軽い感情を通り越して、頬に涙が溢れる状況。本当にありがとうございます… @ym2413 pic.twitter.com/QmLFYSm6df

— Takashi Kobayashi (@nf_ban) November 2, 2019

【2019.11.3更新】MSX BASICのみで利用できるようになりました

MSX BASICの実行環境でMGSDRV形式の楽曲データを再生できる・自作BASICゲームに組み込めるようになりました。どうぞご利用ください。

MSXplayでコンパイルしたMGSデータをMSX実機のBASIC環境で演奏できる「MGSDRV BGMプレイヤー」をWebMSXに置きました。https://t.co/mGlKsd4dnO
MSX2以上で動作。DOS・DOS2不要。サンプル(MGS・MML)付き。ファイラーではないのでドライブ・ディレクトリ移動は自力でお願いします。

— Takashi Kobayashi (@nf_ban) November 2, 2019

MGSDRV とは

MGSEL

1983年に登場したMSXパソコンは、古くからプログラミングによる音楽演奏の文化がありました。コンピュータ雑誌へのBASICプログラムの投稿に始まり、1990年頃に普及した“パソコン通信”の場においてMSXの音楽データ流通はピークを迎えました。

最近、巷ではチップチューン(ChipTune)なるジャンルの愛好家が増えています。昔の音源ICの生音を使用したポップ感溢れるこの独特なサウンドは、コンピュータゲームのゲームミュージックが起源となっています。

ルールや制約が多いほど面白いこの世界に、MSXパソコンとMGSDRVで足を踏み入れてみませんか。


特徴

※SCCはコナミ株式会社のウェーブ音源ICです。
※Ain.氏は現在MSX用フリーソフトウェアのサポートを一切行っておりませんので、MGSDRVに関するご質問は当チームまでお寄せください。→ @nf_ban

とりあえず使ってみる

動作環境

当チームで動作確認を行った実行環境は以下のものです。これ以外でも動作する可能性はあります。


(更新日:2019.11.04 17:00:00)