概要
MGS形式のデータを聴きたい
MGS形式のデータを作りたい
ダウンロード
その他関連事項

MSXで楽しむチップチューン。MGSDRVをご紹介します。

MGSEL

最近、巷ではチップチューン(ChipTune)なるジャンルの音楽が静かなブームになりつつあります。昔の音源ICの生音を使用した、ポップ感溢れるこの独特なサウンドはコンピュータゲームのゲームミュージックが起源となっています。

1983年に登場したMSXパソコンでは、チップチューンという名称が生まれるずっと前からプログラミングによる音楽演奏の文化がありました。古くはコンピュータ雑誌へのBASICプログラムの投稿に始まり、1990年頃に普及したインターネットの前身である“パソコン通信”の場において、MSXにおけるチップチューンの音楽流通はピークを迎えました。なにしろ昔はMIDIといった便利な規格も無く、ましては録音(サンプリング)など技術的に不可能なので、パソコンに内蔵されたチープな音源ICを用いて音楽を演奏するしか手段が無かったのですから。

当クラブで配布する“MGSDRV”も、MMLと呼ばれるプログラミング言語を用いて、音楽データを音源ICへちまちま命令してゆく音楽ツールです。ルールや制約が多いほど面白いこのチップチューンの世界に、MSXパソコンとMGSDRVで足を踏み入れてみませんか。

MGSDRVとは

※SCCはコナミ株式会社のウェーブ音源ICです。
※Ain.氏は現在MSX用フリーソフトウェアのサポートを一切行っておりませんので、MGSDRVに関するご質問は当クラブまでお寄せください。

動作環境

(更新日:2006.11.24 10:56:52)